スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.03.15 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    示談金と慰謝料の違いについて!

    0






      慰謝料と示談金との違いをご存知でしょうか。

      慰謝料も示談金もパッと聞いて、あんまり良いイメージはわいてきませんよね。

      でも、慰謝料と示談金の明確な違いを知っておくと、もしも何か起こった場合に役に立つかもしれませんから、ぜひ、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)の片隅にでも入れておいてください。

      慰謝料は、よく裁判物のテレビ番組などで耳にする言葉ですよね。

      慰謝料とは、何か物事が起こった際、相手が受けた精神的な苦痛に対して慰謝するのでに支払われるお金のことを指します。

      浮気問題や離婚(一度成立した婚姻を解消することです)問題が生じた際には、被害を被った方の意思で慰謝料を請求する事ができます。

      どんな慰謝料が貰えるかは、相手の経済状態やその状況にもよりますから、ケースバイケースでしょう。

      実際に受け取れるかどうかはともかく、請求する額というのは、請求する人が自由に決められます。

      それに対して、交通事故の場合の慰謝料は、自賠責保険で決められている基準や任意保険での基準があるので、ある程度の相場があります。

      大きな事故だと精神的な苦痛も比例して大きくなると思いますが、自賠責保険で支払われる慰謝料には限度額があるため、足りない分を任意保険で補うということもあるでしょう。

      一方、示談金というのは、交通事故などが起こった場合に、その被害者と加害者が、当事者同士で自由に金額を決定して授受を行うお金をいいます。

      示談金には、事故にたいする慰謝料、その事故のせいで会社を休まなくてはならなくなってしまった場合にはその間の生活の補償金、通院治療代等の全てが含まれているのです。

      この頃では、示談交渉を当事者同士で行うことはめったにないでしょう。

      示談交渉はトラブルが起こりがちですから、当事者同士で行う場合には、慎重に注意深く行ってください。












      続きを読む >>

      交通事故にあわないために!

      0






        道を歩いていたら車が急接近してきたり、車を運転しており急に横から自転車が出てきたり、右折しようとしてハンドルをきったら直進してきた車とぶつかりそうになったり。

        どんな人でも一度ぐらいは、ヒヤッとした経験があるみたいです。

        交通事故は、誰でも避けたいと思っています。

        それでは、交通事故にあわないようにする為には、一体どうすればよいでしょう。

        まず、交通事故が発生しやすい曜日や時間帯を知っておきましょう。

        曜日であれば、やっぱり気が緩んでしまう週末、時間帯であれば、仕事が終わってホッとした夕方に、事故が起こりやすくなっていらっしゃるのではないでしょうか。

        また、深夜は交通量も少なく、スピードを出している車が多い為に、人の命を落とすような事故に繋がりやすくなっています。

        そのような曜日や時間帯は、歩行者の方も運転者の方も、特に周りに注意するように心掛けましょう。

        それに、子供が外出するような場合には、「特に危ないから気をつけるよう」促す事も重要でしょう。

        夜間、暗いせいで、車や自転車から歩行者が見えなくて、気付くのが遅れて事故に至ってしまうケースも多数あるのですよ。

        夜間に外出する際には、反射材用品やLEDライト等を身につけておくと、車からも人が歩いている事をすぐに認識出来るので、事故を減らす効果があります。

        この反射材用品は自転車用もありますので、夜間に自転車を運転する場合にも付けておくと良いでしょうね。

        もちろん、ライトは忘れずに点灯するようにして下さい。











        交通事故で示談の流れ!解決させるには?

        交通事故の慰謝料の相場

        0






          そもそも、慰謝料がどんなものなのか、あなたはご存知でしょうか?

          慰謝料とは、その物事や人によって、相手が精神的に苦痛だと感じたことに対して支払われるお金のことをいいます。

          ですので、交通事故にあった時の慰謝料の相場というものは百%決まっている訳ではないのです。

          あなた自身が苦痛などを感じた分を請求する事はできるのです。

          ただ、請求することはできますが、請求した金額の慰謝料を支払ってもらえるとは限りません。

          交通事故の慰謝料と言うのは100パーセントではないにしろ、ある程度決まってしまっているからです。

          自賠責保険に加入している場合、1日あたり4200円が支給されることになっています。

          この場合の慰謝料の計算式は、交通事故にあって通院や入院をしなくてはいけなくなったと仮定すると、入院+通院期間の合計と実際に入院や通院した日数を数えて、日数が少ない方に4200円をかけた金額が慰謝料として支払われるという仕組みになっています。

          ただ、大きな交通事故で長期間にわたって入院や通院したからといって、その日数分の慰謝料が全部支払われるわけではありません。

          相手が加入していたのが自賠責保険のみの場合には、限度額の上限が120万円に設定されてしまっています。

          つまり、どんなに大怪我をして治療にお金がかかったとしても、120万円以上は支払われることがないということです。

          任意保険に加入している場合には、その保険会社によっても慰謝料の基準も変わってくるでしょう。

          保険会社の提示する慰謝料に納得がいかないのであれば、交通事故紛争処理センターや弁護士等に相談することをお勧めします。

          一般的には、保険会社が設定している慰謝料の基準よりも、弁護士等が設定している慰謝料の相場の方が高いものになっていることが多いです。

          この相場のことを裁判所基準、もしくは、弁護士会基準というのです。











          交通事故を起こしてしまったら?示談交渉テクニック!

          むち打ちの治療法は?

          0






            交通事故に遭うと、その直後にはなんともないと思っていても、二、三日後にむち打ちの症状が出ることがあります。

            むち打ちは初期の段階で適切な治療を受けないと、慢性化したり、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)がより悪化してしまう可能性があるので、違和感を感じたらすぐに病院での診察を受けてください。

            但し、病院でのレントゲン(ドイツの物理学者ヴィルヘルム・レントゲンが発見し、第一回のノーベル物理学賞を受賞したそうです)検査では異常が発見できないケースも少なくありません。

            CT検査やMRI検査なども受けた方がいいでしょう。

            また、交通事故の治療は、一箇所でしか受けられないというものではないため、病院での診察・治療と併行して、鍼灸院や整体院、カイロプラクティックなどに通うのも治癒効果を高めるなんですね。

            むち打ちの治療は、交通事故に遭ってから一ヵ月を「急性期」と呼び、患部を固定して安静にします。

            むち打ちの症状が重度であれば、入院が必要になることもあります。

            カラーコルセットやテーピングなどで患部を固定し、炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)を起こしているのであれば、保冷剤などで冷やしたり、炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)鎮痛効果のある湿布を貼り、痛み止めを服用することもあるでしょう。

            三週間から一ヶ月ほど経ったら、安静にしている間に低下してしまった頚椎の可動性を回復させます。

            具体的にいうと、低周波などの電気療法や整体、ストレッチ(自分の体の状態に合わせて毎日継続して行うことが大切です)といった方法が有効です。

            鍼灸(日本では、あんまマッサージはりきゆうに関する法律により、国家資格を取得した人しか施術できません)による治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)も効果的だといわれています。

            むち打ち症(交通事故やスポーツ障害などが原因で発症することが多いでしょう)の大半は、適切な治療を受けていれば、3ヶ月くらい度で回復するようです。

            一ヵ月から三ヶ月までを「亜急性期」と呼び、それを過ぎても完治しない場合は、「慢性期」になります。

            慢性期に入っても症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)が改善しないのであれば、ブロック注射(慢性的な痛みがある場合に、複?回行うのが一般的です)や手術など、それぞれの症状とその原因に合わせた治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)が必要になってくるんです。











            交通事故の慰謝料?相場は・・・

            むち打ちに種類がある?

            0






              交通事故に遭うと発症しやすい症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)にむち打ち症があるとはいえ、むち打ち症(これは俗称で、正式には、外傷性頸部症候群、もしくは、頸椎捻挫です)は大きく分けると四種類になります。

              ちなみに、むち打ち症やむち打ちと言うのは、俗称であり、医学的な診断名としては、「外傷性頚部症候群」、もしくは、「頚部捻挫」となるでしょう。

              まず、むち打ちの七割から八割を占めるのが、「頸椎捻挫型」のむち打ちです。

              首の骨である頸椎の関節包やその周囲の筋肉、じん帯などが損傷を受け、捻挫を起こしてしまっている状態を言います。

              首や肩、背中、腕など、首の周りに痛みが生じることが多いでしょう。

              むち打ち症(交通事故やスポーツ障害などが原因で発症することが多いでしょう)としては比較的軽度で、適切な治療を受けて時間が経過すると回復することが多いでしょう。

              もし、頸椎の中を通る自律神経が損傷を受けてしまうと、痛みやめまい、耳鳴り、吐き気といった症状が現れます。

              この場合のむち打ち症を「バレリュー症候群型」と呼んでいるのです。

              目がかすんだり、心臓やのどに症状が出ることもありますが、病院の検査などではその症状の発症を証明出来ないことがほとんどでしょう。

              後頭部に痛みが出たり、精神的に不安定になることも多いようです。

              交通事故(最近では、自動車と歩行者の交通事故だけでなく、自転車と歩行者の事故が多発し、問題になっています)の衝撃が大きくて、頸椎が変形してしまったりすると、自律神経の通り道が狭くなって、自律神経が圧迫されたり、損傷が起こります。

              こういった状態が「神経根症状型」むち打ちです。

              自律神経を圧迫・損傷することで、頭痛、手足のしびれ、体の痛みといった症状が出ます。

              「神経根」というのは、頚椎から伸びている神経で、体の運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)と知覚を司る神経が集まっており、どの神経を圧迫・損傷してしまっているかによって、どこに症状が現れるかが異なります。

              頸椎の中にある脊髄が損傷を受けてしまうと、「脊髄症状型」むち打ちになり、下半身が痺れたり、場合によっては歩行困難になってしまうこともある重症です。

              頻尿、尿が出づらくなる、下痢、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)等の症状が起こることもあります。











              交通事故の慰謝料・むちうち・相場は?

              交通事故時の保険が降りない場合はどんな時?

              0






                交通事故に遭った場合、必ず保険金が支払われると思われやすいでしょう。

                でも、実際には、自賠責保険を使用する場合、条件によっては保険金が支払われないケースもあります。

                では、その支払われない事例がどのような場合なのか、ここでいくつかご説明しましょう。

                被害者や運転していた人以外の第三者が、故意、または、過失で事故を起こしたと立証出来ること。

                加害者が自動車の運転中に注意を怠らなかったこと。

                乗っていた自動車に機能的な面において障害や欠陥がなかったこと。

                この三点を100%完全に立証できるケースであれば、保険金が支払われないことになっています。

                いわゆる「当たり屋」なんかが、このケースに該当します。

                他にも、駐車している車に、走行中の自転車がぶつかって骨折をしたなどの場合です。

                この事故で治療や通院が必要になっても、車が駐車している時に起こった事故なので、保険金は支払われません。

                自賠責保険に関しては、自動車が「運行している」ことが保険金の支払いの鍵を握っているのです。

                そのため、駐車している車にぶつかってケガをしたというケースでは保険金が支払われないのです。

                また、被害者名義の車を友達が運転していて交通事故にあい、怪我をしてしまった場合にも保険金が降りません。

                被害者名義の車なので、友達が運転していたとしても、他人とは認められません。

                この場合の「他人」とは、所有者や借受人などの自動車を自分の思い通りに使うことができる人以外の人の事を指すのです。

                被害者になれば当り前のように保険金を支払ってもらえると思われていますが、被害者の方にも過失があったと認められてしまうと、損害額から減額されてしまうことも少なくありません。












                続きを読む >>

                1

                PR

                calendar

                S M T W T F S
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << August 2017 >>

                商品情報

                selected entries

                categories

                archives

                recommend

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM