スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.03.15 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    示談金と慰謝料の違いについて!

    0






      慰謝料と示談金との違いをご存知でしょうか。

      慰謝料も示談金もパッと聞いて、あんまり良いイメージはわいてきませんよね。

      でも、慰謝料と示談金の明確な違いを知っておくと、もしも何か起こった場合に役に立つかもしれませんから、ぜひ、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)の片隅にでも入れておいてください。

      慰謝料は、よく裁判物のテレビ番組などで耳にする言葉ですよね。

      慰謝料とは、何か物事が起こった際、相手が受けた精神的な苦痛に対して慰謝するのでに支払われるお金のことを指します。

      浮気問題や離婚(一度成立した婚姻を解消することです)問題が生じた際には、被害を被った方の意思で慰謝料を請求する事ができます。

      どんな慰謝料が貰えるかは、相手の経済状態やその状況にもよりますから、ケースバイケースでしょう。

      実際に受け取れるかどうかはともかく、請求する額というのは、請求する人が自由に決められます。

      それに対して、交通事故の場合の慰謝料は、自賠責保険で決められている基準や任意保険での基準があるので、ある程度の相場があります。

      大きな事故だと精神的な苦痛も比例して大きくなると思いますが、自賠責保険で支払われる慰謝料には限度額があるため、足りない分を任意保険で補うということもあるでしょう。

      一方、示談金というのは、交通事故などが起こった場合に、その被害者と加害者が、当事者同士で自由に金額を決定して授受を行うお金をいいます。

      示談金には、事故にたいする慰謝料、その事故のせいで会社を休まなくてはならなくなってしまった場合にはその間の生活の補償金、通院治療代等の全てが含まれているのです。

      この頃では、示談交渉を当事者同士で行うことはめったにないでしょう。

      示談交渉はトラブルが起こりがちですから、当事者同士で行う場合には、慎重に注意深く行ってください。












      続きを読む >>

      交通事故にあわないために!

      0






        道を歩いていたら車が急接近してきたり、車を運転しており急に横から自転車が出てきたり、右折しようとしてハンドルをきったら直進してきた車とぶつかりそうになったり。

        どんな人でも一度ぐらいは、ヒヤッとした経験があるみたいです。

        交通事故は、誰でも避けたいと思っています。

        それでは、交通事故にあわないようにする為には、一体どうすればよいでしょう。

        まず、交通事故が発生しやすい曜日や時間帯を知っておきましょう。

        曜日であれば、やっぱり気が緩んでしまう週末、時間帯であれば、仕事が終わってホッとした夕方に、事故が起こりやすくなっていらっしゃるのではないでしょうか。

        また、深夜は交通量も少なく、スピードを出している車が多い為に、人の命を落とすような事故に繋がりやすくなっています。

        そのような曜日や時間帯は、歩行者の方も運転者の方も、特に周りに注意するように心掛けましょう。

        それに、子供が外出するような場合には、「特に危ないから気をつけるよう」促す事も重要でしょう。

        夜間、暗いせいで、車や自転車から歩行者が見えなくて、気付くのが遅れて事故に至ってしまうケースも多数あるのですよ。

        夜間に外出する際には、反射材用品やLEDライト等を身につけておくと、車からも人が歩いている事をすぐに認識出来るので、事故を減らす効果があります。

        この反射材用品は自転車用もありますので、夜間に自転車を運転する場合にも付けておくと良いでしょうね。

        もちろん、ライトは忘れずに点灯するようにして下さい。











        交通事故で示談の流れ!解決させるには?

        交通事故の慰謝料の相場

        0






          そもそも、慰謝料がどんなものなのか、あなたはご存知でしょうか?

          慰謝料とは、その物事や人によって、相手が精神的に苦痛だと感じたことに対して支払われるお金のことをいいます。

          ですので、交通事故にあった時の慰謝料の相場というものは百%決まっている訳ではないのです。

          あなた自身が苦痛などを感じた分を請求する事はできるのです。

          ただ、請求することはできますが、請求した金額の慰謝料を支払ってもらえるとは限りません。

          交通事故の慰謝料と言うのは100パーセントではないにしろ、ある程度決まってしまっているからです。

          自賠責保険に加入している場合、1日あたり4200円が支給されることになっています。

          この場合の慰謝料の計算式は、交通事故にあって通院や入院をしなくてはいけなくなったと仮定すると、入院+通院期間の合計と実際に入院や通院した日数を数えて、日数が少ない方に4200円をかけた金額が慰謝料として支払われるという仕組みになっています。

          ただ、大きな交通事故で長期間にわたって入院や通院したからといって、その日数分の慰謝料が全部支払われるわけではありません。

          相手が加入していたのが自賠責保険のみの場合には、限度額の上限が120万円に設定されてしまっています。

          つまり、どんなに大怪我をして治療にお金がかかったとしても、120万円以上は支払われることがないということです。

          任意保険に加入している場合には、その保険会社によっても慰謝料の基準も変わってくるでしょう。

          保険会社の提示する慰謝料に納得がいかないのであれば、交通事故紛争処理センターや弁護士等に相談することをお勧めします。

          一般的には、保険会社が設定している慰謝料の基準よりも、弁護士等が設定している慰謝料の相場の方が高いものになっていることが多いです。

          この相場のことを裁判所基準、もしくは、弁護士会基準というのです。











          交通事故を起こしてしまったら?示談交渉テクニック!
          続きを読む >>


          PR

          calendar

          S M T W T F S
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          2728293031  
          << August 2017 >>

          商品情報

          selected entries

          categories

          archives

          recommend

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM